トップページ

スポンサーリンク

ご提供中のサービス

リニューアル中です。

ホームページご訪問の方へのプレゼント

小冊子「求人募集成功への5STEP」を無料配布中です。
下の画像をクリックしてお申し込みください。

無料求人小冊子

 

新着記事

雇用保険のマルチジョブホルダーの意味は?雇用保険料はどうなる?
2022年(令和4年)1月からはじまる雇用保険のマルチジョブホルダーの意味は?どういった制度なのか?加入の手続きはどうするのか?雇用保険料の支払いはどうなるのか?といったことについて説明した記事となっています。
就業規則は作っただけでは効力のない、ただの紙切れになる!?
就業規則が、その効力を発揮するためには、ただ単に作った!というだけでは不十分です。就業規則は、「周知」「運用」「変更(更新)」が正しく行われて、初めてその効力(会社や会社に必要な従業員を守る)を発揮してくれる優秀なツールとなります。
副業の促進で企業の対応・就業規則や時間管理、雇用保険、社会保険は?
終身雇用制度の崩壊や、多様な働き方に対するニーズの高まりなど、今後、副業や兼業が当たり前のようになっていきます。そこでこの記事では、その厚労省のガイドラインに定められている、労働時間管理や雇用保険、社会保険などの公的保険の取り扱いについてご紹介していきます。
キャリアアップ助成金正社員化コースの受給条件を簡単に説明
キャリアアップ助成金正社員化コースの対象となる従業員や受給の条件などについて、解説をした記事となっています。ひとくちに正社員コースといっても、パートタイマーから正社員への転換だけでなく、有期パートタイマーから無期パートタイマーへの転換といったケースもあります。
介護休業給付金とはどのようなものか、パートも支給の対象となる?
介護給付金は、雇用保険に加入していて、対象となる介護休業を取得した従業員に支給されるものです。雇用保険に加入していれば、パートタイマーでも支給の対象となりますが、一定の支給要件があります。この記事では、介護休業給付金の支給要件や支給申請の流れをお伝えします。
介護休業の取得条件や社会保険料の免除はある?介護休業制度の解説
介護休業は、一定の条件を満たした従業員(パートタイマーなどの有期契約従業員含む)が、原則93日を上限として、家族を介護するために取得できる制度です。2020年12月現在、介護休業を取得した場合の社会保険料免除制度はありませんが、介護休業給付金制度があります。
タイトルとURLをコピーしました