企業向け

スポンサーリンク
労働法

就業規則は作っただけでは効力のない、ただの紙切れになる!?

就業規則が、その効力を発揮するためには、ただ単に作った!というだけでは不十分です。就業規則は、「周知」「運用」「変更(更新)」が正しく行われて、初めてその効力(会社や会社に必要な従業員を守る)を発揮してくれる優秀なツールとなります。
労働法

副業の促進で企業の対応・就業規則や時間管理、雇用保険、社会保険は?

終身雇用制度の崩壊や、多様な働き方に対するニーズの高まりなど、今後、副業や兼業が当たり前のようになっていきます。そこでこの記事では、その厚労省のガイドラインに定められている、労働時間管理や雇用保険、社会保険などの公的保険の取り扱いについてご紹介していきます。
助成金

キャリアアップ助成金正社員化コースの受給条件を簡単に説明

キャリアアップ助成金正社員化コースの対象となる従業員や受給の条件などについて、解説をした記事となっています。ひとくちに正社員コースといっても、パートタイマーから正社員への転換だけでなく、有期パートタイマーから無期パートタイマーへの転換といったケースもあります。
労働法

介護休業給付金とはどのようなものか、パートも支給の対象となる?

介護給付金は、雇用保険に加入していて、対象となる介護休業を取得した従業員に支給されるものです。雇用保険に加入していれば、パートタイマーでも支給の対象となりますが、一定の支給要件があります。この記事では、介護休業給付金の支給要件や支給申請の流れをお伝えします。
労働法

介護休業の取得条件や社会保険料の免除はある?介護休業制度の解説

介護休業は、一定の条件を満たした従業員(パートタイマーなどの有期契約従業員含む)が、原則93日を上限として、家族を介護するために取得できる制度です。2020年12月現在、介護休業を取得した場合の社会保険料免除制度はありませんが、介護休業給付金制度があります。
労働法

就業規則に必ず記載すべき絶対的必要記載事項など、3つの記載事項の解説

就業規則には、1.絶対的必要記載事項、2.相対的必要記載事項、3.任意的記載事項の3つの記載事項があります。絶対的必要記載事項は、就業規則に必ず記載が必要な項目、相対的必要記載事項は、制度がある場合は記載が必要な項目、任意的記載事項は会社が事由に記載できる項目。
労働法

育児や介護の短時間勤務の期間や休暇・残業免除制度について解説します。

育児介護休業法に定められている短時間勤務の措置や子の看護休暇・介護休暇、時間外労働(残業)の免除・制限などについて、まとめて解説をしていきます。それぞれの措置によって、対象となる子どもの年齢などが異なってきますので、注意が必要です。
労働法

育児休業中の社会保険料免除や男性の育児休業など育児休業の基礎を解説

育児休業取得の支援として、育児休業期間中の社会保険料免除や、男性の育児休業取得促進、育児休業中の給付金などがありますが、この記事では、育児休業の取得期間延長や社会保険料免除、給付金など、育休時休業に関する施策の概要をお伝えしていきます。
労働法

試用期間中の解雇理由や社会保険、期間延長の規定例などについて解説

試用期間に関するご相談やご質問には、いくつかの種類がありますが、もっとも多いのは、試用期間中の解雇についてです。そこで、この記事では、試用期間中の解雇を中心に、試用期間の延長や社会保険への加入などについてもご説明をしていきます。
労働法

職場でのマタハラやイクハラへの対策が法律で義務化されています。

マタハラやイクハラ、そして介護ハラスメントに対して、業種や規模に関係なく、全企業がその対策を講じるように、法律で義務づけられており、2020年6月からは、防止についての対策も具体的に義務化されていますので、その内容をこの記事でご紹介していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました