労働法

スポンサーリンク
労働法

育児休業中の社会保険料免除や男性の育児休業など育児休業の基礎を解説

育児休業取得の支援として、育児休業期間中の社会保険料免除や、男性の育児休業取得促進、育児休業中の給付金などがありますが、この記事では、育児休業の取得期間延長や社会保険料免除、給付金など、育休時休業に関する施策の概要をお伝えしていきます。
労働法

試用期間中の解雇理由や社会保険、期間延長の規定例などについて解説

試用期間に関するご相談やご質問には、いくつかの種類がありますが、もっとも多いのは、試用期間中の解雇についてです。そこで、この記事では、試用期間中の解雇を中心に、試用期間の延長や社会保険への加入などについてもご説明をしていきます。
労働法

職場でのマタハラやイクハラへの対策が法律で義務化されています。

マタハラやイクハラ、そして介護ハラスメントに対して、業種や規模に関係なく、全企業がその対策を講じるように、法律で義務づけられており、2020年6月からは、防止についての対策も具体的に義務化されていますので、その内容をこの記事でご紹介していきます。
企業向け

休職期間中の給料や社会保険料の取り扱いなどを具体的な規定例で解説!

休職期間中に給料を支給するかしないかは、会社の自由です。一方で、休職期間中であっても、社会保険料は通常どおり支払わなければなりません。そこで、休職中の給料や社会保険料の取り扱いの規定例や、その他休職制度全体について規定例をあげながら、ご説明していきます。
労働法

パワハラ防止法の正式名称や中小企業への適用、違反への罰則はあるのか?

パワハラ防止法の正式名称は、「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」といい、中小企業にな2022年6月1日から適用されます。この記事では、パワハラ防止法の概要や企業の義務、違反した場合の罰則についてお伝えします。
労働法

選んでそのまま使える服務規律の規定例、就業規則づくりにオススメ

就業規則を新たに作るときや、変更するときに役立つ服務規律の規定例を公開します。就業規則のひな形に記載してあるものでは物足りない、もうひと工夫欲しいという方は、自社で使えそうだなと思うものを参考にしたり、そのまま使ってください。
労働法

就業規則を改定するときは、不利益変更に注意!社員の同意が必要!?

就業規則(付属の規程含む)の改定によって、労働条件を低下させる(不利益変更)ことは、法律で禁止されています。ただし、一定の基準を満たすことによって、就業規則の改定で、労働条件の低下を労働契約とすることが認められます。この記事で、その基準や不利益変更の具体例をご紹介します。
労働法

就業規則の表紙テンプレートを様々なデザインから ダウンロード

法律では、就業規則に表紙をつけないといけない決まりはありませんが、せっかく就業規則を作ったのであれば、表紙をつけたほうが、全体的に締まりがでます。そこで、この記事では就業規則の表紙テンプレートをダウンロードしていただけるようにしています。
労働法

就業規則の届け出に必要な意見書の記入例や様式、注意点をご紹介

就業規則を作成・変更した場合には、従業員の意見を聞き、その意見を記入した「意見書」を添付して、労働基準監督署に届け出ることになっています。この記事では、意見書の記入例や様式、従業員から提出をしてもらう際の注意点などをお伝えしていきます。
労働法

1年単位の変形労働時間制をわかりやすい資料をまじえながら解説

1年単位の変形労働時間制は、1年のなかで繁閑期が明確な会社が、繁忙期と閑散期で所定労働時間に長短つけることで、トータルの労働時間を削減できる制度ですが、導入や運用が複雑です。そこでこの記事では、わかりやすい資料をまじえて解説します。
スポンサーリンク