社会保険

スポンサーリンク
社会保険

社会保険の新規加入手続きの仕方、新規適用届に記入する事業の種類は?

社会保険に新規加入するためには、「新規適用届」を日本年金機構に届け出なければなりませんが、新規適用届の書き方や手続きは決して難しいことではありません。この記事は、専門家に依頼せず、独力で社会保険の新規加入手続きをしていただくことをテーマ作成しています。
社会保険

健康保険の扶養の条件や手続き、扶養を外れるタイミングなどを解説!

家族を健康保険の扶養に入れる場合には、同居・非同居の要件や、年収(原則130万円未満)の要件があります。また、年収要件は、税金上の年収とはまったく違うものです。このことは、誤った理解が多いですので、注意してください。この記事で、詳しく説明をしています。
雇用保険

雇用保険と社会保険の加入条件や手続きの仕方をわかりやすく解説

雇用保険と社会保険の加入条件は、働く日数や時間などによって決まっています。また、加入条件に該当する場合は、それぞれ資格取得届をハローワークや日本年金機構に届け出なくてはなりません。この記事では、雇用保険と社会保険の加入条件や手続きの仕方をわかりやすく解説します。
社会保険

役員報酬を複数の会社から受け取る場合、社会保険はどうなる?

役員報酬を複数の会社から受け取っている場合、原則としては、それぞれの会社で社会保険に加入します。社会保険料は、各社から支払われている役員報酬を合算した金額にもとづいて計算されます。ただし、場合によっては、社会保険に加入しないケースもあり得ます。
社会保険

出産手当金と出産育児一時金の申請はいつする?計算の仕方なども解説

協会けんぽの出産手当金と出産一時金の支給申請はいつ行うのか?受け取れる金額の計算はどのように行うのか?といった内容や、出産手当金の支給対象期間である産前産後休業中の社会保険料免除について解説をした記事となっています。
社会保険

標準報酬月額とは?標準報酬月額の計算や変更はどのようにするのか?

標準報酬月額は、社会保険料の計算を簡便にするために用いられるものです。標準報酬月額は、個々の従業員の給与に応じて、入社時、定時決定(算定基礎)、随時改定(月額変更)に計算・決定します。記事内では、具体的な数字を上げながら、標準報酬月額について説明しています。
社会保険

傷病手当金申請書の書き方は?退職後やインフルエンザに使える?疑問にお答えします

業務外の病気やケガで仕事を休むときに支給されるのが、健康保険の傷病手当金です。傷病手当金は、在職中だけではなく、一定の要件を満たした場合は、退職後も支給されます。そんな傷病手当金の支給申請書の書き方や、受け取れる金額についてご紹介した記事です。
社会保険

標準報酬月額の変更(月額変更届)の仕組みや書き方を簡単に解説

従業員の給与や役員報酬が大幅に変更になった場合に、社会保険料を変更する手続きが月額変更(随時改定)です。役員報酬を変更する場合は、よく経営者や税理士さんからご相談を受けます。そこで、月額変更届の仕組みや注意点などをご紹介します。
社会保険

社会保険の加入手続きが遅れたときはどうする?ポイントは“60日”

社会保険の加入手続きは、入社日から5日以内となってしますが、実際には5日以内に手続きするのは難しいことも多いと思います。そこで、社会保険の加入手続きが遅れた場合は、どのようにすればよいのか?遅れて手続きをするときのポイントや、必要な添付書類などをお伝えします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました