スポンサーリンク
社会保険

出産手当金と出産育児一時金の申請はいつする?計算の仕方なども解説

協会けんぽの出産手当金と出産一時金の支給申請はいつ行うのか?受け取れる金額の計算はどのように行うのか?といった内容や、出産手当金の支給対象期間である産前産後休業中の社会保険料免除について解説をした記事となっています。
労働法

副業や兼業をしている場合の労災の補償が変わりました。【2020年9月】

2020年9月から、副業先や兼業先で労災にあった場合の取り扱いが変わりました。今まで、副業先で労災にあった場合は、副業先の給与額をもとに労災補償が行われていましたが、今回の改正によって、それが見直されました。改正の詳細をわかりやすくお伝えしてきます。
社会保険

標準報酬月額とは?標準報酬月額の計算や変更はどのようにするのか?

標準報酬月額は、社会保険料の計算を簡便にするために用いられるものです。標準報酬月額は、個々の従業員の給与に応じて、入社時、定時決定(算定基礎)、随時改定(月額変更)に計算・決定します。記事内では、具体的な数字を上げながら、標準報酬月額について説明しています。
社会保険

傷病手当金申請書の書き方は?退職後やインフルエンザに使える?疑問にお答えします

業務外の病気やケガで仕事を休むときに支給されるのが、健康保険の傷病手当金です。傷病手当金は、在職中だけではなく、一定の要件を満たした場合は、退職後も支給されます。そんな傷病手当金の支給申請書の書き方や、受け取れる金額についてご紹介した記事です。
労働法

マイカー通勤の申請書・誓約書のひな形とマイカー通勤のリスクをご紹介!

従業員がマイカーで通勤中に加害事故をおこした場合、会社にもその責任がおよぶことがあります。そのため、従業員のマイカー通勤は必ず許可制にし、マイカー通勤申請書や誓約書を提出してもらうこと、自動車任意保険への加入などを義務づけておくことが必要です。
労働法

有給休暇取得の義務化で罰則も!中小零細企業はどう対応するのか?

2019年4月から、有給休暇が10日以上付与されている従業員には、年間で5日以上の有給休暇を取得させることが義務化されています。これに違反した場合は、対象者1人につき30万円の罰金が課されるおそれがあるので、有給休暇の取得をルール化することが必要不可欠です。
企業向け

有給休暇の一斉付与や義務化に関する規定例を具体的にご紹介!

有給休暇の計画的付与(一斉付与、交替付与、個人別付与)や、取得義務化に対応するための規定例、あるいは有給休暇の付与日を統一する場合の規定例など、小さな会社が、就業規則に有給休暇の規定をすることを想定した規定例をご紹介しています。
労働法

有給休暇の付与日数の計算やパートへの付与、付与日の統一は?【有給休暇の基礎】

有給休暇の付与日数(パートタイマーへの付与日数含む)や、有給休暇の付与日の統一、計画的な有給休暇の取得についての説明と、有給休暇について社内でルール化をしておいた方がよい事項についてまとめた記事です。有給休暇の基礎をおさえることができます。
雇用保険

雇用保険は65歳以上でも加入が必要!対象者は?手続きや退職後の給付は?

65歳以上の従業員でも、1週間の所定労働時間が20時間以上かつ、31日以上の雇用見込みがある場合は、雇用保険に加入する義務があります。また、2020年4月1日からは、それまで免除されていた雇用保険料の支払いも必要となっているので注意が必要です。
個人向け

失業保険の支給開始時期が自己都合退職後3か月から2か月に変更

自己都合で退職した場合の失業保険(失業手当)の受け取り時期が、2020年10月から3ヶ月後→2ヶ月後に短縮されています。この記事では、あらためて、失業保険の金額、受け取れる期間、手続きの流れ、各種手当・給付についてご紹介していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました