古い保険証を使ってしまったときや、保険証なしで病院に行きたいときは?

スポンサーリンク
個人向け

「新たに転職した会社の健康保険証が届く前に病院にいかなければならず、返却していなかった前の会社の保険証で病院にかかるとなにか問題はあるのだろうか?」

「誤って古い保険証で病院にいくと、普通にお医者さんに見てもらうことができたが、あとでややこしいことにならないだろうか?」

「保険証がないので、いったん治療費の全額を自分で支払った場合、お金は返してもらえるのだろうか?」

このようなお悩みや不安をお持ちの方のために、古い保険証を使って病院にかかった場合、どのような手続きが必要になるのかをケースごとに説明していきます。

原則として、古い保険証で病院にかかった場合は、後日、その保険証を発行している保険者(全国健康保険協会や都道府県など)から、治療費のうち、窓口負担(3割)を除いた残り7割分を支払うように通知・請求が届きます。

つまり、いったんは自分で治療費の全額を支払う必要があります。
ただ、7割分は手続きを行うことで、手元に戻ってきますので安心してください。

古い保険証で病院にかかった場合

旧保険証:国民健康保険(国保)
新保険証:全国健康保険協会(協会けんぽ)や会社が加入する健康保険組合

会社に就職し、協会けんぽなどの健康保険に加入したものの、保険証が届く前に国民健康保険の古い保険証で病院にかかった場合の流れです。

1.後日、国保から治療費の7割分を支払うように通知(請求書)が届きます。
ですので、この時点ではいったん、すでに支払っている窓口負担3割と、残りの7割、つまり治療費の10割を支払うことになります。

2.7割分を支払うと、国保から領収書と診療報酬明細書が送付されてきます。
※診療報酬明細書の封筒には、「開封しないでください」という旨の記載がありますので、誤って明細書が入った封筒を開かないようにしましょう。

3.協会けんぽなどに療養費の支給申請を行う
協会けんぽの場合は、「健康保険療養費支給申請書(立替払、生血、臍帯血等)」に、国保から発行された領収書と診療報酬明細書の原本を添付して届け出ます。

健康保険組合の場合は、組合ごとに様式があります。

なお、会社を退職した後に、ほんらい国保の保険証で病院かかるところ、古い保険証で病院にかかった場合も同様の手続きになります。

この場合は、協会けんぽなどから請求がとどき、治療費を支払った後、国保に治療費の支給申請を行うことになります。

いずれの場合にも、いったんは10割負担となりますので、注意してください。

健康保険証を使わずに病院にかかった場合

新保険証:協会けんぽや国保など

会社に就職し、協会けんぽなどの健康保険に加入したものの、保険証が届く前に保険証を使わずに病院にかかった場合です。

定期的に通っていたり、古くからの掛かりつけの病院であれば、事情をわかってくれたうえで、次回の来院時に新しい保険証を持っていくことで済むこともあります。

しかしそうではない場合は、保険証がなければ、いったん治療費の全額を自分で支払うことになります。

この場合、病院が協会けんぽに診療報酬を請求する締め日に間に合えば、病院から7割分を返してもらえることもありますが、間に合わない場合は、先ほどのケースと同様に治療費の支給申請を行うことになります。

この場合は添付書類として、病院から発行される領収書と診療報酬明細書になります。

領収書と診療報酬明細書は大切に保管しておきましょう。

古い保険証で病院かかってもお金の支払いが不要なケース

転職をしても、前職の会社と新しく就職した会社が同じ健康保険に加入している場合は、保険者が内部で処理をしてくれるので、治療費の精算をする必要はありません。

保険証がない場合はどうする?

ここまでお伝えしてきたように、古い保険証で病院にかかってしまうと、いったん治療費を10割負担しなければいけなくなることが多いです。

場合によっては、治療費が高額になってしまうこともあるので、このような事態は避けたいところですよね?

実は、新しい保険証が届くまでの間、保険証の代わりに使える証明書がありますので、その証明書を会社に発行してもらうことをオススメします。

この証明書には2種類あります。1つは日本年金機構が発行するもの(協会けんぽに加入している場合)、もう1つは会社が発行するものです。

※健康保険組合の場合は、日本年金機構の代わりに、健康保険組合が発行します。

年金機構が発行する場合、会社が発行する場合、それぞれメリットとデメリットがありますので、そのご紹介をしておきます。

日本年金機構発行(健康保険組合発行)の健康保険被保険者資格証明書

メリット・・・どの医療機関でも使うことができます。
デメリット・・・発行してもらうのに手間がかかります。(年金事務所の窓口か郵送で手続きを行なうため)

健康保険被保険者資格証明書の様式は、日本年金機構のホームページに掲載されています。

会社発行の健康保険被保険者資格証明書

メリット・・・社内の処理ですので、すぐに発行してもらうことができます。
デメリット・・・あくまでも会社が発行する任意の証明書ですので、医療機関によっては使用を拒否されることもあります。

この様式は、こちらの記事に掲載しています。
「社会保険の加入手続きが遅れたときはどうする?」

まとめ

古い保険証を使って病院かかると、いったん治療費の10割を負担せざるを得ないことがありますので、新しい保険証が届く前に病院にかかりたい場合は、会社に資格証明書を発行してもらうことをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました