出向と転籍の違いは?雇用保険や社会保険の扱いはどうなる?

スポンサーリンク
労働法

従業員を出向させるんだけど、労災、雇用保険、社会保険はどうなるのか?出向先で入るのか?出向元で入るのか教えて欲しい、その他に気をつけることがあったら教えて欲しいと、知り合いの税理士さんからご相談がありました。

規模の小さな会社では、そうそう従業員の出向はありませんが、個々の企業の事情によっては、新会社を作って、従業員を出向させるということを行なうこともあるので、出向時の公的保険の取り扱いや、注意すべき点をお伝えしていきます。

出向と転籍の違いとは?

出向とは

出向元の企業(自社)に在籍したまま、長期間にわたって出向先の企業(他社)の業務に従事することです。
従業員に対しての指揮命令権は、出向先企業が主体となります。

転籍とは

従業員が自社から他社へ籍を移して、その他者の業務に従事することです。

出向と転籍の大きな違いは、自社に在籍をしたままなのか、退職をするのかという点です。

細かなことを言い出すと、出向であっても実質転籍などという場合もありますが、小さな会社では、そこまで踏み込まなくてよいのではないかと考えます。

出向させるためには根拠が必要

小さな会社では、従業員を出向させる場合、会社の指示として、当たり前のように出向をさせていることが多々ありますが、実は従業員を出向させることは、業務命令の範囲に当然に含まれているわけではありません

そこで必要になってくるのが、就業規則に出向に関しての規定をおこない、従業員の同意を包括的に得ておくことです。

小さな会社の出向規定例

第○条(出向)
1 会社は従業員に対し、業務上の必要性がある場合、他者に出向を命じることがある。
2 前項の命令を発する場合、原則として命令日の1週間前に内示する。
3 会社が出向を命じる場合、その出向先での労働条件等については、個別に定めるものとする。
4 従業員は、第1項の命令に対し、正当な理由がない限り拒否することはできない。

※この規定例は、出向元と出向先の会社の代表者が同じ場合や、配偶者など身内である場合を想定したものです。

運用可能であれば、追加した方がよい規定

・出向先として想定される子会社または関連会社を以下に明示する。
株式会社〇〇、△○合同会社

・出向元復帰の際は、原則として原職に復帰するものとする。

出向の場合の給与の支払いは、出向先?出向元?

出向の場合の給与の支払い方については、法律上の決まりはありません。

出向の場合の給与の支払い方については、つぎの3つが考えられます。

1.出向元か出向先のどちらかが給与を支払う
2.出向元と出向先で給与を按分して支払う
3.出向元が給与を支払ったうえで、出向先が出向元に給与負担金を支払う(逆のケースもあり得る)

どの支払い方を選択するかは、個々の企業の事情によって異なります。
この点は、顧問税理士さんと相談することが多いです。

気をつけなければいけないのは、給与の支払先によって、雇用保険や社会保険の取り扱いが変わってくるということです。

出向の場合の労災、雇用保険、社会保険は?

労災保険

労災保険は、給与の支払元にかかわらず、従業員が実際に勤務をしている出向先で適用することになります。

ですので、もし出向元から給与が支払われていたとしても、労災保険に関する保険料は、出向先が負担することになります。

雇用保険

雇用保険は、出向元と出向先どちらの企業が、主な給与の支払い元となっているかが、ポイントになります。

給与を出向元と出向先で負担しあっていれば、より多くの割合を負担している企業で雇用保険が適用されます。

この場合、失業保険(失業給付)等の計算は、雇用保険に加入している企業の給与のみで計算されるので、従業員にとっては不利になっていまいます。場合によっては、会社で補填することを検討する必要があります。

ですので、もし給与を出向先が全額あるいは、出向元よりも多く負担しているということになれば、雇用保険は出向先で加入することになるので、出向元での雇用保険は資格喪失の手続きが必要になります。

給与の支払い方でご紹介した「3.出向元が給与を支払ったうえで、出向先が出向元に給与負担金を支払う」の場合

出向元から従業員に給与が支払われているので、仮に出向先から出向元に従業員の給与全額に相当する給与負担金が支払われていても、雇用保険は出向元で加入することになります。

※誰が給与の支払い窓口になっているかが大切です。

例外もある

出向先で雇用保険に加入することで、出向元で雇用保険に加入していた場合に比べて、いちじるしく差異が生じる場合は、例外として従業員にどちらの会社で、雇用保険に加入するかを選択させることもあり得ます。

これについてはあまり考える必要はありません。ご紹介程度です

社会保険(健康保険・厚生年金保険)

基本的には、雇用保険と同じ扱いで、給与が出向元と出向先どちらから、支払われているかによります。

出向先で給与が支払われていれば、出向先で加入
出向元で給与が支払われていれば、出向元で加入

雇用保険と異なるのは、出向元と出向先の両方から給与が支払われているケースです。
この場合は、二以上勤務として取り扱われます。

出向元と出向元どちらで、社会保険に加入するかを選択することができますが、社会保険料は支払われている給与を合算して、決定されます。
また、社会保険料を給与額に応じて按分し、それぞれの企業で納付を行ないます。

「健康保険・厚生年金保険 所属選択・二以上事業所勤務届」を届け出ます。

補足:
会社が2つあるということは、経営者が役員報酬を2社から受け取ることがあります。この場合も、両方の会社で社会保険加入をしなければならないケースがあります。

まとめ

出向と転籍の違い

出向→出向元に籍を残したまま
転籍→元の会社は退職する

出向の場合の労災保険、雇用保険、社会保険の扱い

労災保険→実際に勤務をしている出向先で加入
雇用保険→主な給与の支払い元で加入
社会保険→主な給与の支払い元で加入
※上記は原則ですので、それ以外は本文で確認してください。
タイトルとURLをコピーしました